入  
■ 種子散布工
■ 客土吹付工
■ 植生基材吹付工
■ モルタル/コンクリート吹付工
■ 法枠工/鉄筋挿入工
■ ベンネット張工
■ [有孔]ポリフィルム張工
>>ホーム >>法面保護工 >>法枠工/鉄筋挿入工
緑化を可能とし、表面を安定させる工法
モルタルガン機を使用し、モルタル(水・セメント)を鉄筋フレームを用いて枠材の中に吹き付け形成する。
指定の交点に鉄筋を挿入し、地盤を安定させ結束させる。また、緑化工併用として枠内を厚層基材吹付工or厚層基盤材入マットor植生土のう工などがある。
モルタル材による表面の安定、鉄筋挿入による地盤の安定、緑化工による景観の向上、表層面の安定を可能とした工法である。
法枠工には施工場所にプラントヤードを確保する必要があり、鉄筋挿入工には足場工もしくは特殊機械が必要である。
Copyright (c) 2012 Koala De Green Co.,Ltd All Right Reserved.